本文へスキップ

アートゾーン神楽岡 ART ZONE KAGURAOKA

TEL.075-754-0155

〒606-8311 京都府京都市左京区吉田神楽岡町4

EXHIBITION

2018 /2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013 / 2012 / 2011

2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005 / 2004 / 2003


大坂秩加展
7月14日(土)~7月29日(日)
11:00~19:00(7月29日17時閉店)
水・木定休
7月14日来廊します。皆様とお話しできるのを楽しみにしております。


私は作品を実際につくる前に、まず戯曲の一部分のような台詞を考えます。 この台詞をモチーフとし、作品の媒体・構図を決めていきます。モチーフとして書く台詞は、たまたま覗き見てしまったような他人にとってのリアルの一部であり、その台詞が発せられるまでの過程や結末などは重要ではありません。前後の分からない断片的な台詞であっても、その人物を肯定したくなるようなものをつくるようにしています。  モチーフに選んだ言葉をテキストとして発表する際、筆跡にもこだわり文字を起こしたものを、あえて版に移し、ノートなどその人物が実際に使用していそうな媒体に摺り直すということをします。このとき版画を使用するのは、間接性という理由からです。直接媒体に書き込むのとは違い、版画は筆記と出来上がりの間に版を介在させます。たとえ日常を描いた舞台であっても、それが演劇になった時点で非現実になるように、その間接性はリアルからフィクションへと変化します。モチーフとする台詞はあくまでも私が創った内容であるため、手書きが生み出す生々しいリアリティを抑えるために、版を介する必要があります。  悲惨な状況下でも改善のためにもがく様や、その状況がもはや当たり前になりその中で楽しさを見つけ生活をする様など、それぞれの事情を背負い社会で生きていく人々の日常の断片を、作品を通して表現したいと思っています。


  


  


大坂秩加 | Chika Osaka 1984  東京都生まれ
2009  東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業
2011  東京藝術大学大学院美術研究科修士課程 修了
現在 女子美術大学、武蔵野美術大学、東京造形大学 非常勤講師

【 個展 】
2010 「シリアスとまぬけ」シロタ画廊(東京)
2011 「良くいえば健気」GALLERY MoMo Ryogoku(東京)
2013 「Sの外的要素たち」GALLERY MoMo Ryogoku(東京)
2015 「おおさかるた」GALLERY MoMo Ryogoku(東京)
    「Love LettersMICHEKO GALERIE(ドイツ/ミュンヘン)
2016 「短冊にぎりしめて雨」GALLERY MoMo Projects(東京)
2018 「ささやかな今日のおわり」GALLERY MoMo Ryogoku(東京)    
    「版画展」GALLERY MoMo Projects(東京) 【 主なグループ展 】
2009 「第77回版画協会展」東京都美術館(東京)
2010 「シェル美術賞展2010」代官山ヒルサイドフォーラム(東京)
2012 「版の時間/Age of Prints 展」女子美術大学美術館(東京)    
    「シェル美術賞展 アーティストセレクション2012(SAS)」国立新美術館(東京)
2014 「VOCA展2014」上野の森美術館(東京)
    「プリントって何?-境界を超えて」市原湖畔美術館(千葉)
2016 「第2回 PATinKyoto 京都版画トリエンナーレ 2016」京都市美術館(京都)

2018 「リトグラフ 石のまわりで Lithography:Around the Stone」武蔵野美術大学美術館(東京)

【 受賞歴 】
2009 サロン・ド・プランタン賞
    O氏記念賞
    第77回版画協会展 立山賞
    第34回全国大学版画展 買上賞
    東京藝術大学俵賞
2010 シェル美術賞展2010 島敦彦審査員賞
2013 第4回アダチUKIYOE大賞 大賞
2014 VOCA展2014 佳作賞

【 パブリックコレクション 】
町田市立国際版画美術館(東京)
浙江美術館(中国) 上海半島美術館(中国)



2018年展覧会スケジュール(予定)