本文へスキップ

アートゾーン神楽岡 ART ZONE KAGURAOKA

TEL.075-754-0155

〒606-8311 京都府京都市左京区吉田神楽岡町4

EXHIBITION


/ 2021
2020 /2019/2018 /2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013 / 2012 / 2011

2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005 / 2004 / 2003

武田史子展
11月14日(土)~ 12月6日(日)
12:00~19:00(最終日17時閉店)
水・木定休
全作品→

久しぶりに京都で新作近作を展示させて頂きます。
いろいろとあるこの時期ではございますが、
ご高覧頂けましたら嬉しく存じます。


1991 東京藝術大学大学院美術研究科修了(修了制作 買上)
1993 第2回高知国際版画トリエンナーレ入選
1997 The Royal Academy Illustrated A Souvenir of the 229th Summer Exhibition(U.K)
1999 第23回リュブリアーナ国際版画ビエンナーレ招待出品
2000 優秀作品として文化庁買上げ(現代美術選抜展・文化庁,2004年国内研修員)
2013 第1回京都版画トリエンナーレ推薦出品(スポンサー賞)
2016 アワガミ国際ミニプリント展(賞候補)
2017 高知国際版画トリエンナーレ展(佳作賞)/アワガミ国際ミニプリント展(優秀賞)
2019 アワガミ国際ミニプリント展(入選)
パブリックコレクション/東京藝術大学、本間美術館、文化庁




宮本承司木版画展
10月24日(土)~ 11月8日(日)
12:00~19:00(最終日17時閉店)
水・木定休
全作品→

芸術と食欲の秋、一石二鳥に目で腹ごしらえしにいらしてください。

プロフィール
1988年 大阪府生まれ
2010年 大阪芸術大学美術学科版画コース卒業

個展
2011年 Gallery Jin Esprit+(東京)(以降2018年まで毎年)



SEED STORIES 2020―小さな版画展―
10月10日(土)~ 10月18日(日)
12:00~19:00(最終日17時閉店)
水・木定休
全作品→


10年にわたり毎年年末に開催の「LITTLE CHRISTMAS―小さな版画展―」展は大好評で新たな版画ファンが大幅に増えました。
この基調を踏襲しさらなる充実を期し若い作家を核にベテランを交え20名による表記版画展が発足します。

     各作家は、A:A4版画(287×210㎝))」+B:「太子マット(中は自由)(378×280㎝))」の2種類の作品を出品します。

A:A4版画>はエディション40部または60部、@8,800円(20211月末まで)

B:<太子マット作品>は版画以外も可。1点ものは@38,500円または@55,000円、版画は任意の価格

     さらなる版画の普及を目指し20211月末まで破格の価格設定です。

     予約は先着順です。

展覧会に先立ち予約を受け付けていますが本展で現物をご覧いただきたくご案内いたします。



第2回TKO国際ミニプリント展2020
8月22日(土)~ 8月30日(日)
12:00~19:00(最終日17時閉店)
水・木定休


2016年第1回開催に続き第2回目の開催です。
世界41か国342名から602作品の応募があり入賞、入選合わせ約300点展示します。
多彩な版画表現を是非ご覧ください。

京都会場:アートゾーン神楽岡     
     なお、3会場を巡回します。・東京会場(東京芸術劇場)8月初旬巡回済み・大阪会場(GALLERYいろはに)9月初旬巡回

審査員 :石川健次(美術評論家、東京工芸大学教授)
     ミハエル・w・シュナイダー(東京藝術大学准教授)
     笹井祐子(版画家、日本大学芸術学部教授)
     野口玲一(三菱一号館美術館学芸グループ長)







全ての作品を見る→
    
山田彩加展
7月11日(土)~7月26日(日)
12:00~19:00(最終日17時閉店)
水・木定休
来廊予定日 7月11日(11:00-13:00予定)

私は「命の繋がり」というコンセプトの元、存在の本質を探求しながら黒を基調としたリトグラフ(
版画)作品やアクリル画作品等を制作しています。大作版画や小作品・版画集・アクリル画等、
約32点を展示する予定です。新型ウイルスの感染防止を考慮した展示(3密の予防や除菌スプ
レー設置等の対策)を心掛け、作家不在でも作品コンセプトを皆様にご理解いただけるよう、作
品毎に作品説明の紙やパネルを添える等工夫し、展示しております。


全ての作品を見る→




西村涼/いとなみの旋律
小西景子/浸透する光の姿
4月11日(土)~ 4月26日(日)
12:00~19:00(最終日17時閉店)
水・木定休

Opening party 4.11(sat)17:00~は新型コロナ・ウイルス感染拡大のため中止とさせていただきます。
全ての作品を見る→

新型コロナ・ウイルスの件で皆様にお願い
新型コロナ・ウイルス感染が拡大する中、政府から非常事態宣言が出ました。
弊店は次のようなお願いをしたうえで西村涼展&小西景子展を平常通り開催いたします。
◆ご来場の時は下記をご留意ください。
・風邪に似た症状、咳、喉の痛み、発熱、味覚の異常などある方はお控えください。
・複数名でのご来場はお控えください。
・マスク着用でのご来場をお願いいたします。
・人混みを避けるなど、ご自身の安全と健康を最優先に、無理のない範囲でご来場いただければ幸いです。


   




京都空想装幀室
3月21日(土)~ 4月5日(日)
12:00~19:00(最終日17時閉店))
水・木定休

ブックカバーを版画家たちがオリジナル版画でデザインをするという夢のような企画が実現しました。
版画家たちは、京都を題材にした自分の好みの小説やエッセイ等を選び、そこから広がるイメージを本の装幀として展開しますので手に取って味わってください。
同時に版画作品も展示しますので是非ご覧ください。
また素敵なブックカバー形式の案内状は文庫本のカバーとしてご利用ください。
なお、今回は「ギャラリー恵風」さんと共に同時開催しますので是非とも2ヶ所とも回遊しご覧ください。

全ての作品をみる→

 
坂東壮一「ポー奇譚集」
 
藤井敬子「Style」折本
 
溝上幾久子「イイカミ県」折本
 
柄澤齋「版画散歩」改装本
 
岩切裕子「京都で考えた」吉田篤弘著
 
筆塚稔尚「日本の名随筆集『凶』」中村真一郎編
 
大力拓哉「魚八景」
 
原陽子「Dの複合」松本清張著
 
横山智子「美しさと悲しみと」川端康成著
 
宮本承司「箱庭図書館 乙一」文庫本装丁
 
安井寿磨子「MOBYーDICK」HERMAN MELVILLE著
 
林千絵「砂の女」安部公房著


 
20世紀版画が日本を変えた
1月18日(土)~ 2月2日(日)
12:00~19:00
水・木定休


ロイ・リキテンシュタイン デビット・ホック二― サム・フランシス フランク・ステラ キース・へリング
オノサト・トシノブ 加納光於 池田満寿夫 アイ・オ 木村秀樹